立法裁量論について・朝日新聞「年金ようかん」記事への反論はこちらから

ダウンロード
立法裁量論について 2018.9.28.pdf
PDFファイル 508.4 KB
ダウンロード
朝日新聞「年金ようかん」記事の反論 2018.8.15.pdf
PDFファイル 813.4 KB

  裁判終了後、裁判所前で報告集会を開きました。次回は12月11日PM2:00第12回弁論期日。

次々回は2019年3月7日(木)PM2:00開廷です。(写真上下)

  裁判も、いよいよ次回に原告側(私たち)の意見陳述を主張したのち、被告側(国)の反論が

準備され、次々回で示されることとなります。しかし、国はこれまでの判例から、社会保障を抑制

する政策に対しては司法は審査判断をしない(立法裁量権)という立場で臨むことが予想されます。

 今後の闘いの方向として、これまでの判例や時代背景を学習し、運動を強める必要があります。

 終了後、大阪弁護士会館において、懇親会を開きました。3名の弁護士さんを含め45名が参加

しました。

準備書面(11)ダウンロードできます

ダウンロード
原告ら準備書面(11).pdf
PDFファイル 1.0 MB

 裁判終了後の報告集会で森川弁護団長は、

「今回の国側の反論(準備書面3)は、今後の

年金財政確保の為だけに視点を置き、現状の

高齢者の生活に目を向けない無責任な政府

の態度を表わすものだ。次回の公判ではこれに

対する反論を行う」と表明し、さらには「専門学者

の意見書を準備し、証言を行う予定だ」と発表し

ました。

 次回第8回弁論期日は来年2月6日13:30より

行われます。終了後、大坂グリーン会館にて

報告集会があります。 次々回は5月8日13:30より開かれます。

国の準備書面(3)と尾形健同志社大学教授の意見書です。

ダウンロード
被告第3準備書面(京都).pdf
PDFファイル 4.3 MB
ダウンロード
尾形健先生意見書【完成版】 (1).pdf
PDFファイル 6.1 MB


年金制度をよくする会ニュースNo13

ダウンロード
年金制度をよくする会ニュース13号.pdf
PDFファイル 328.9 KB
ダウンロード
年金相談ニュース22号
年金相談ニュース.pdf
PDFファイル 404.6 KB
ダウンロード
申惠丰 教授年金訴訟意見書社会権規約.pdf
PDFファイル 2.4 MB